放課後のときめきデビュー有力は?仕組みは?まとめネタバレあり


放課後のときめき全12回で、残す所あと2回で終了する。
オリンピックの関係で残す所、2月20日EP11と2月27日には生放送の2回となる

いよいよフィナーレに向かって、有力なデビュー候補などをまとめて記す

どこで見れる?などの解説は下記の記事を参照

あわせて読みたい
放課後のときめき日本語どこで見られる?人気メンバーは?ランキング順位で注目出場者 韓国のサバイバルオーディション番組の「放課後のときめき」のテレビ東京で2月27日と3月21日に「放課後のときめき研究会 #とき研」の放送が決定。気になっているけど...
放課後のときめきの日本語字幕の見方など
スポンサーリンク
目次

10話での仕組みネタバレ解説

本編では「デビュー組」と書かれているが、あくまで暫定のデビュー組として、今後の対決によっては入れ替わる可能性がある。

デビュー組
パク・ボウン
キム・ソンユ
キム・リウォン
キム・ヒョンヒ
キム・ユンソ
ユン・チェウォン
キム・ユヨン

このチームで「SAME SAME DIFFERENT(セイムセイムディファレント)」以来のオリジナル曲である「SURPRISE(さぷらいず)」を披露。

他の出場者が、インタビューで「羨ましい」と答えていたり、中にはインタビュー中に思い出して舌打ちをしているシーンなどもあり、闘志を新たにしている様子。

放課後のときめきでは、わりと出場者同士で闘志を燃やしあっている様子が描写されることが割と多い。

そしてここからは A チームと B チームの対決となる。

Aチーム
EVER GLOW/ DUN DUN
キム・スビン
ウォン・ジミン
イ・ヨンチェ
オ・ジウン
イ・ミヒ
キム・インヘ
キム・ハリ

Bチーム
ITZY/Mafia in the morning
ユン・スンジュ
ミナミ
チェ・ユンジョン
イ・テリム
イ・ジウ
ミョン・ヒョンソ
ホン・ヘジュ

そのチームの中で勝利したチームがデビュー組と一対一の対決することになる。

一対一の戦いでは勝利したチームはファイナルに出場することが出来る。負けた出場者は脱落者候補に落ちる。今回の戦いでは リハーサルなどを見ている予想ではAチームが勝ちそうな雰囲気があったが、ホン・ヘジュのチームをまとめ上げる手腕と、パフォーマンス中に講師の方が「水車のようだ」と表現した振り付けで会場を盛り上げたホン・ヘジュの活躍も目をはるものがあった。

決定的となったのはウォン・ジミンが、振り付けの途中にふらついてしまった所

そこがマイナス評価となり、B チームが勝利し Aチーム は敗北となった。

この判定が下された直後にウォン・ジミンはかなり落ち込んでいる様子をAIKI先生などの講師の人が見て「彼女一人に責任を背負いこませ過ぎている」という会話がされていた。

ウォン・ジミン1人が脱落者候補になるのではなく、チーム全体が脱落者候補になるので罪悪感を受けているジミンに同情する声も上がっている。

前回のステージではウォン・ジミンが、それほど写されていなかったのは、彼女がプレッシャーによって過呼吸などにかかっていた関係もあったという話がウワサれている事から、彼女のミスを責め立てている人の声はほとんど見かけることがない。

A チームの7人は脱落者候補になった。

メンバー1対1の脱落者を決めるバトルが開始

ここからデビューチームと B チームが一対一で戦う。負けたメンバーが脱落者候補になる。

ユン・チェウォン VS イ・テリム
On the ground対決

この戦いではデビュー組のユン・チェウォンが勝利し防衛に成功。
可愛さのある曲で、どちらも笑顔などを振りまいているパフォーマンスと思えた

キム・ソンユ VS チェ・ユンジョン
LION対決

こちらは打って変わって、I’m Queen!と叫ぶユンジョンの肩を掴んで、振り払ってから同じくI’m Queenと叫ぶソンユと言う、お互いに張り合っている曲のイメージが、この対決を彩る上でも盛り上げる楽曲となっている。

結果的にはユンジョンが勝利をしたが、ただリハーサルの時にユンジョンがうまく歌うことができず、繰り返しリハーサルをすることになり、それに付き合わされたユンソが、途中で喉の不調を訴えているシーンなどがあることからも、ユンソに対して同情する声が一部では上がっている。

次回からの対決
パク・ボウン VS ユン・スンジュ
キム・ヒョンヒ VS ミナミ
キム・ユンソ VS ホン・ヘジュ
キム・ユヨン VS イ・ジウ
キム・リウォン VS ミョン・ヒョンソ

オンライン投票での人気順位ランキング(1/31)

1キム・ユヨン
2ユン・チェウォン
3パク・ボウン
4ウォン・ジミン△2
5キム・リウォン▼1
6ミョン・ヒョンソ△1
7キム・ソンユ(ソニュ)▼2
8キム・ヒョンヒ(ヒョニ)
9キム・インヘ(イネ)△5
10イ・ミヒ▼1
11キム・ユンソ▼1
12ミナミ▼1
13イ・ヨンチェ▼1
14ホン・ヘジュ△1
15チェ・ユンジョン▼2
16ユン・スンジュ△1
17オ・ジウン▼1
18キム・スビン△2
19イ・テリム▼1
20キム・ハリ▼1
21イ・ジウ
1/31オンライン投票

1位~3位までのランクに大きな影響はなく有力視される三人だ。

2年生組ではウォン・ジミンが1位になり、暫定のデビュー組として放課後のときめきの「SAME SAME DIFFERENT」以来のオリジナル曲「SURPRISE」のメンバーにも選出され、これまで1位でもあったキム・リウォンを抜いた。

しかし今回の第10回の失敗が彼女にどのような影響を及ぼすのかがまだ予測できない。

その他に注目する点としてはキム・イネ(キム・インヘ)が5ランクもあげ急上昇をしている。第10回では惜しくも彼女は脱落者候補に上がってしまったが、この急激な追い上げには日本のYouTuberなどが彼女の歌声を賞賛していたりするのも影響が少なからずあるようだ

当ブログの他の活動など
Discordチャットではファン同士で会話
https://discord.com/invite/GWhpfDaswG
YouTubeでも動画を投稿
https://www.youtube.com/channel/UCJrmaCp0VU32HGhhkAf8BIA

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次