INIアリーナツアー好評の裏で、物販に様々な意見「整理券もらったのに売り切れ」「体力的に無理」【1ST ARENA LIVE TOUR [BREAK THE CODE]】

12月17日にINIアリーナツアー「BREAK THE CODE」が愛知・AICHI SKY EXPO ホールAで初日を迎えた。

ライブに対して高く評価する声が上がる一方、物販に対して様々な意見が一部で上がっている

スポンサーリンク
目次

初のアリーナツアー[BREAK THE CODE]

木村柾哉は名古屋弁で「でらあいたかったよ!」と愛知県出身ならではの挨拶をMINIに披露

ライブでは、人気曲の「SPECTRA」などが披露され大きな反響を巻き起こしている

画期的な1曲だけ撮影OKも

今回のライブでは、画期的な企画も行われた。

1曲だけ撮影がスマートフォン・携帯電話のみOKとされた

KPOPのライブでは撮影された映像が投稿されるのは、割と見かける光景である

ルールとしては禁止されているが、撮影したものを投稿される事での宣伝効果もあり、実際に投稿しても、何かしらの制裁措置を受けることが少なく、暗黙の了解とされていた

今回は公式に一曲のみ撮影が許されたのも、snsで拡散される宣伝効果を期待してだろう

このように画期的な企画もある一方、疑問に思われる声が一部から上がっているのが物販である

物販で整理券に当っても手に入らない

今回の物販に関しては、LINEアプリを利用した【グッズ購入整理券】が用意された

希望者は事前に申込み、当たった人が物販ブースに並ぶ方式で混雑予防に向けた取り組みが行われているように思われた。

しかし、実際に物販ブースに並んだ人のSNSの報告によると「雨降ってても中に入れないで外で待たされた」「注文シート提出から14分かかった」「レジの人が、メンバーの顔と名前が一致していない」などという声が上がっている

中には、昼公演が終わってから物販ブースに向かうと「18時半から昼公演の分を販売する」と言われ、夜公演で入る人は、夜公演後に再度並ぶように言われるも、その時に残っている保証がないということなども報告された

整理券の番号から「昼公演前では半分ほどしか裁けていなかったのでは?」と言う意見もあり、JO1のときにも物販で意見が上がっていたのもあり「改善の声が届いてない」と嘆く声もあった

グッズ自体も「無傷ではなかった」という意見も見られた

このような声が上がっている一方、「レジの人は普通の学生がほとんどで、全員がINIの名前を完璧に覚えてるわけではない」と同情を寄せる声も上がっている。

ライブ自体がINIの頑張りもあり好評を博しているだけに、物販改善の声に対して真摯に向き合うことで、ファン離れにならない対応を求められそうだ

LAPONE ENTERTAINMENT
¥3,231 (2022/12/19 13:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次