BTSのJ-HOPEが&TEAM学園にサプライズ出演!「どうやればライブが上手にできるか?→その回答が秀逸

BTSのJ-HOPEが&TEAM学園にサプライズ出演した

&TEAMには事前に説明していないドッキリ形式での出演となっていた。そこでされていた質問のテキスト起こしなどをした

スポンサーリンク
目次

あまりの驚きの言葉を失うメンバー

MAMA AWARDSへ出演のために日本に来たJ-HOPE、突然の登場に驚いている&TEAMメンバーの表情があった

喜んでいる表情は、見ていて笑顔になる良い演出だった

個人的にJ-HOPEの登場時に、FUMAの表情も見たかったが、2台あるカメラが絶妙にFUMAの表情を撮らないカメラワークであった

EJ
昨日寝る前に、J-HOPE先輩のコンサートを見てから寝たんですけど、そのJ-HOPE先輩がここにいらっしゃる

TAKIがI-LANDから成長している事に驚くJ-HOPE

J-HOPE: TAKI?
TAKI: はい、TAKIです
J-HOPE:I-LANDのTAKIだよね?背が伸びたね!何でこんなに伸びた?
メンバー全員(笑)
TAKI:緊張しています、感動的です

BTSのコンサートでバックダンサーをしたFUMA

J-HOPE:BTSのコンサートで一緒に行っていたって? 違うのかな
FUMA:そうです
(J-HOPEから抱きつく)
FUMA:ありがとうございます、京セラドーム
J-HOPE:京セラドーム
FUMA:はい、2017年僕が「Not Today」を
J-HOPE:一緒に
K:知らなかった!すごい

緊張して話せないHARUA

HARUA:HARUAです
J-HOPE:HARU?
HARUA:HARUAです
(その後、緊張して沈黙)
J-HOPE:(笑)かわいいね、何を担当している?
HARUA:一番可愛いです

YUMA →バラエティー担当
JO→ビジュアル担当
それを聞いてJ-HOPE「JINを思い出す」と話す
MAKI→子犬担当

MAKIの自己紹介で歌担当と知り「末っ子が歌担当?ウチも同じJUNG KOOK」と話した

&TEAMデビュー曲「Under the skin」のダンスを見てもらう

パフォーマンス中は真剣な眼差しのJ-HOPE、一通りダンスをみたあとは笑顔になり、&TEAMの上手さを賞賛するために靴を投げていた

それをすぐに拾うFUMAが膝を折って丁寧に差し出していた

2ヶ月で4曲やった

「EJがうまくなった」と成長を称賛していた

BTSのRun BTSを披露

僕たちのダンスだから、ダンスのディテールが生かされているかを見ます、僕はダンスのカバーはすごく見ていますけど、微妙なディテールの差があるとダンスの魅力がガタンと落ちる傾向があったんです変なことに、だからディテールをちゃんと活かすのがポイント、それを生かすことができたら本当にうまくカバーできていると思います、でもこれは大事なことではないのでリラックスしてね

J-HOPE:二人が上手
YUMAとニコラスを指す
J-HOPE:短かったから、みんなを見たかったけどYUMAとニコラスのダンスが凄くよく見えた、みんな上手だったから、さっき言った心配なんか消えたよ、僕が習わないと、どうやってやるんだっけ(笑)

J-HOPEへの質問テキスト起こし

K
デビュー曲の練習って長いですよね、それがメンタル的に飽きる時があったんです。それをどうやって解決されたのですか?

面白いことにデビュー曲は 練習した分だけステージに表れる 、僕たち(BTS)も知らなかった 僕たちは実は飽きる暇もなかったし、実際大変な生活だったような気がする、機械的と言うか、ずっと何かの繰り返しで、午前10時に起きて夜10時まで練習「No More Dream」の1曲のために、ずっとモニタリングしてたけど、その分デビューのステージに表れていた、僕は最初BTSがダンスで歓声を受けると思わなかった、明らかにデビューパフォーマンス後たくさんの反応があった、練習が無駄ではなかったってすごく感じた

YUMA
どうやったらそんなにライブが上手にできるのかめちゃくちゃ気になります

ライブは自分がこの職業を選んだ意識があるなら、一生の宿題のようなものです、どうやったらうまくライブができるのかは、いつも毎回僕も悩んでいます、今はライブを考えながら曲を作ることもあるし、曲をライブに合わせて作ったりこうやったらライブが上手くなるのではなくて、一生の宿題だと思ってずっと意識して一生懸命練習したらいいと思う、今を十分うまくできているので時間が経ったら分かってくるライブを続けていたら、本人のスタイルができるしまたそのスタイルに合わせて曲作りすることもあると思います実は僕もデビューの時いつもそう言われていた練習生時代トレーナーや新人開発チームのチーフに、そういっぱい言われたけどそうでもなかったんだよ、デビューしてからはもっとやらないといけないしに習うべきものも多くなるそのうちそれもライブと同じで自分のスタイルができて、後からもっと自分のバウンダリーを構築できるような良い環境が出来ると思います

ニコラス
J-HOPEさんは体の管理が上手だと聞きましたけど、僕は喉の調子がアップとダウンが激しくて、さっきの質問と似ているけどライブをそれから体の管理は忙しいスケジュールの中、どうやっているのか知りたいです

体の管理が一番 それも宿題だね、体の管理は本当にうまくやらないといけないし、ちゃんと食べないといけないです実は今はまだ若いからパワー溢れる年だから全部できちゃうんだけど体の管理はコツコツしないと効果がないと思うけどそれは本当に正解はないと思うコツコツと自分で考えてチェックしないといけないと思うのでそれと自分に合った形で管理しないといけない無理したら気がするから気がすると大好きなステージに立てないそれはいけない管理はとにかく自分に合わせてしないといけない適度にまたコツコツやったらいいと思う行為ながら僕もやらないといけないけどね(笑)

TAKI
BTS先輩がデビューされたときには、どのような心情だったりとか緊張されたのかなっていうのはやっぱりお聞きしたくて

10年前はね…(笑)僕たちは何て言うかな何にもなかった、環境も整っていなかったので、自分たちで頑張らないといけなかった、それが大きかった それが実は物凄く負担になっていて それで今考えると大した失敗ではないのに、その小さな失敗についてすごく、お互いを何と言うかお互いにたくさん話してやりして、僕たちは「これはいけないね」とか、また自分で自分を傷つけたり、泣いたりもしたと思うな、さっきも言ったけど結局練習した分だけ(結果が)出たんだよねいや練習した部分のちょうど手前の段階までが現れるちょっと足りないくらい、だから練習をもっとして差を縮めなきゃだね、だから今大事なのは今のようにベストを尽くして、コツコツ練習して それに合わせて、ステージで(自分を)ステージに預けて、自分の色々な所を、練習した通りにやったら最高のステージになると思う

HARUA
僕は性格的に一人の時間が必要なタイプだったりするんですけど、BTSさんのようにチームとして長く仲良くうまくやっていくための秘訣というか、そういうアドバイスを頂きたいです

そうそう大事です 個人の時間はすごく大事だし、本当に必要なのはこういうのをメンバーが尊重してあげることですね、なぜなら性格なのが違うのは罪ではないから、そういうのメンバーが包容力をもって尊重してあげると自然とそういう雰囲気ができてくる、自分だけの時間も自然とチームを中でも作られて、ストレスも解消できるし、そういうところがすごく大事だねチーム内の雰囲気作りが、個人の時間はとっても大事だと思うよ、だから自分でちゃんと必要な時メンバー達に話して「こういう時間が必要なんだ」「時間が欲しいのでお願い」と言えるものだし、それを我慢してはいけない、自分が辛くなるから大好きなステージが嫌になるしダンスも歌も嫌いになるから、それは良くないね

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次